<< 鳩山内閣 8日まで職務執行(産経新聞) | main |

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<富士山>防げ登山事故 山小屋と気象会社、情報共有し予報(毎日新聞)

 富士山(3776メートル)の山梨県側にある全16の山小屋が登山事故を避けるため、民間の気象会社と提携し、雷や強風などの気象情報を山小屋や所属するガイド間で共有することになった。山開き後の7月5日から運用する。【藤野基文】

 これまでの安全対策は山小屋やガイドの個別の取り組みにとどまっていた。しかし、09年7月に北海道・トムラウシ山(2141メートル)でツアー客ら8人が遭難死した事故を受け、全山小屋で情報共有の取り組みを強化することにした。

 情報を提供するのは、山岳気象で定評のある「メテオテック・ラボ」(川崎市)。豊富な登山経験のある気象予報士、猪熊隆之さん(39)を中心に、24時間態勢で対応する。

 ガイドらが、希望する時間帯の予報を電話で問い合わせると、同社が10分以内を目安に全山小屋とガイドの携帯電話のアドレスにメールで一斉配信する。猪熊さんによると、気象庁などの情報に、問い合わせ時にガイドらが伝えてくる現在地の天気の情報を加えることで、きめ細かい予報が可能になるという。

 富士山では01年と08年、いずれも東京都内の男性が登山中に落雷で死亡する事故が発生した。猪熊さんは「雷以外に、歩くことができなくなる平均風速20メートル超の風が夏場も発生する」と指摘する。

 8合目にある山小屋「太子館」の若主人兼ガイド、井上義景さん(30)は「経験や通常の気象情報だけでは予測できないことが多い。大丈夫と思ってツアーを進め雷に襲われたこともある。この取り組みで安全な登山を徹底したい」と話す。

 環境省によると、夏山シーズン(7〜8月)には毎年20万〜30万人が8合目以上まで登っているが、半数以上が山梨県側の吉田口登山道を利用している。

【関連ニュース】
富士山:青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分
富士山
富士登山競走:参加過去最高の5464人−−来月23日開催 /山梨
富士山:世界文化遺産登録 4湖の規制例「文書に」−−富士河口湖町長 /山梨
追跡・発掘:富士山世界文化遺産登録 「規制強化」に強い警戒心 /山梨

鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
横浜・弁護士刺殺、犯行現場にスタンガン(読売新聞)
死刑執行は慎重に考えたい…再任の千葉法相(読売新聞)
満額支給は困難=11年度子ども手当―長妻厚労相(時事通信)
<掘り出しニュース>「今日は暑いね〜半袖でも良いと思うよ」 盛岡駅前のキャラ「かなえちゃん」、ツイッター開始(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 17:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック